BBQ HACK(バーベキューハック) > 特集 > アメリカンBBQ > テキサスBBQのピットマスターとは

テキサスBBQのピットマスターとは

正統派のテキサスBBQは、なんと一子相伝の職人技術を継承されたピットマスターと呼ばれる職人が調理するものであるらしい。一子相伝とは、日本の有名なマンガをどうしても連想してしまう、食文化には一見似つかわしくない言葉。少なくとも日本のバーベキューシーンで、職人さん風の方が活躍する姿はあまり目に浮かびません。一体テキサスのバーベキューシーンで何が起こっているのかを解説します。

ピットマスターとは

正統なテキサスBBQは、一子相伝の職人技術を継承されたピットマスターが行うものです。日本の資格的なものではなく、学校や認証制度はありません。
父から子へ、師から弟子へと技術を継承するのが一般的で、日本の職人に近しいものです。「ピットマスター」とは、正統に技術継承を受けたバーベキュー料理人の呼称といえるでしょう。

テキサスBBQのピットマスターの役割

ピットマスターは、お肉を調理するのが上手であれば良いというものではありません。 テキサスBBQは、薪(まき・たきぎ)を燃やすことによる加熱・スモーク(燻製)で調理することが大きな特徴ですが、設備としてスモーク窯を必要とします。
ピットマスターはそのスモーク窯を設計・開発する技術も有している必要があるのです。

一般的にシェフは調理技術には長けていますが、科学的な知識にうといことが多いです。
けれどもピットマスターには、窯や熱に関する科学的な知識も求められ、シェフと言うよりは職人というべきものです。

具体的には、テキサスBBQのピットマスターは以下のことができなければなりません。

1.スモーク窯を設計・開発する。
2.スモーク窯を製造する。(他人に製造指示を出すことができるというのもOK)
3.薪を燃やしているスモーク窯の中の温度を一定にコントロールする事ができる。
4.スモーク窯の中の薪の位置の調整などにより、自由に温度差を創り出す。(窯内の温度のグラデーション)
5.肉を加熱することによって起こる、化学的反応に関する基礎的な知識を身に付けている。
6.どんな肉でも、どんなスモーク窯でも、BBQを行うことが出来る。
7.スモーク窯で調理したBBQの肉の品質を保証する。
8.食品の質に関する基準を理解し、仕上がりの料理の味を最高にするための肉の選定について理解している。

まとめ

テキサスBBQは高度な職人による料理ということがお分かりいただけたでしょうか。
ぜひ実際にテキサスを訪れて本場のテキサスBBQを体感してみたいです!
日本では目黒にあるDickey’s Barbecue Pitでは楽しむことができるため、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。
BBQ HACK編集部

BBQ HACK運営&記事編集担当。バーベキューインストラクター初級を取得しております。BBQ HACKはBBQがより身近になることを目指し、このビジョンを実現した社会を創り出すために情報を発信し続けます。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。