BBQ HACK(バーベキューハック) > 準備 > 火起こし > バーベキューの際の薪(まき、たきぎ)の火の起こし方

バーベキューの際の薪(まき、たきぎ)の火の起こし方

アウトドア専門ショップでは焚き火台が売れ筋になるなど、「焚き火でバーベキュー」が流行の兆し。ご年配の方なら焚き火の経験がある方は少なくないとは思いますが、若い方や都市部出身だと焚き火なんてした事が無い人も多いのではないでしょうか。焚き火台で薪(まき、たきぎ)をくべつつ燃やせばいいだけと安易に考えていると失敗のもとです。今回はBBQインストラクターの資格を有するBBQ HACK編集部員によるバーベキューの際の薪(まき、たきぎ)の火おこしのコツをご紹介します。ぜひ焚き火バーベキュー初心者の方はハウツーをチェックしてください!

バーベキューの際の薪(まき、たきぎ)の火起こしのコツ

薪(まき、たきぎ)は炊事用を選ぶ

薪(まき、たきぎ)は炊事用を選ぶ

薪(まき、たきぎ)には焚き火用と炊事用と2種類あります。焚き火用は湿り気が残り、火が起しにくく、ゆっくり燃え尽きていくのが特徴です。一方、炊事用は乾燥していて、火が起しやすく、一気に燃えるので強い火力が得られるのが特徴です。
つまり、バーベキューをする場合は、炊事用の薪(まき、たきぎ)を調達するのが一つ目のコツです。
ホームセンターでよく販売されているのは、実は焚き火用です。気をつけましょう
焚き火バーベキューをしたい場合は、炊事用の薪(まき、たきぎ)を販売しているバーベキュー場やキャンプ場を選ぶのが最も簡単な調達方法です。購入の際は必ず炊事用の薪(まき、たきぎ)か、販売店に確認しましょう。

火おこしは炭火を使うと簡単

着火剤や、割り箸、木の枝、木の皮、松ぼっくりなどが、一般的に薪(まき、たきぎ)の火付け道具として使われる代表的です。しかし、熱源から思うように薪(まき、たきぎ)に火が移らず、これらを薪(まき、たきぎ)が燃えるまで継ぎ足し続けなければならないという、意外と面倒な作業になってしまいがちです。そこで簡単なのは、同時に行った炭火バーベキューから、白く熾った炭を焚き火台の上にのせ、その上に薪(まき、たきぎ)を載せ、うちわで扇ぎながら燃やしていく方法です。
着火剤や木の枝を使うより、遥かに簡単に火が起こせますので、ぜひ試してみてください。

実際にやってもらった

ハウツーを試しに他の人にやってもらったところ、炊事用は燃えやすく火力が強いため、非常に簡単に火がおこせました。

ただし、薪(まき、たきぎ)の量が多すぎたのか、大きな炎が上がり、火傷寸前となり危機一髪でした。初心者の場合、白く熾した炭の上に少しずつ薪(まき、たきぎ)をくべていくほうが安全だと思いますので、ご注意を!

BBQ HACK編集部

BBQ HACK運営&記事編集担当。バーベキューインストラクター初級を取得しております。BBQ HACKはBBQがより身近になることを目指し、このビジョンを実現した社会を創り出すために情報を発信し続けます。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。