おすすめバーベキューコンロ/グリル15選!選び方のポイントも解説

おすすめバーベキューコンロ/グリル15選!選び方のポイントも解説

バーベキューはコンロやグリルがないと始まらない! コールマンやロゴス、ウェーバーなどバーベキューコンロを取り扱うメーカーはたくさんありますが、サイズや形状は様々でどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、バーベキューグリル/コンロのスタイル別選び方とおすすめアイテムをまとめました。炭より手軽にできるカセットガスコンロもご紹介します!

目次

アイキャッチ画像出典:PIXTA/ロゴス/instagram by @coleman_japan

バーベキューグリル/コンロの失敗しない選び方

「スタンダード」「卓上」「蓋付きグリル」から、スタイルで選ぼう

スタンダードタイプ・卓上タイプ・蓋付きタイプのバーベキューコンロ

出典:PIXTA/ロゴス
「バーベキューコンロなんて、焼くだけだしどれも同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、いざ選ぼうとすると種類は様々。より快適にバーベキューを楽しみたいなら、コンロ選びはとても重要なんです! というわけでまずは選び方を見ていきましょう。

4~5人ファミリーやグループで囲みやすいのは「スタンダード」

スタンダードタイプのバーベキューコンロを家族で囲む

出典:PIXTA

家族や友達とバーベキューをするなら、スタンダードタイプを選びましょう。よく見る定番のバーベキューコンロで、汎用性が高いのがポイント。高さ70〜80cmのものが多く、立ったまま調理できるのがメリットです。

座りながらのんびり焼くなら「卓上」

卓上バーベキューグリル

出典:ロゴス

カップルや夫婦でのんびりバーベキューをしたいなら、卓上タイプがおすすめ。テーブルに直接置くことができ、座ってくつろぎながら調理できますよ。コンパクトで軽いので、持ち運びも楽チンです。

本場グリルBBQをするなら「蓋付きグリル」

蓋つきバーベキューコンロで肉を焼く

出典:PIXTA

蓋付きグリルは焼くだけでなく、蒸したり燻製したりすることも可能。蓋をすることによって、効率的に熱を伝えます。温度計が付いているものもあり、本格的にアウトドア料理をしたい人におすすめですよ。

焼き面サイズの目安

バーベキューコンロの網で焼かれている野菜とウインナー

出典:PIXTA

焼き面のサイズは、人数に合わせて選ぶのがポイント。人数が多いからといって大きすぎるものを使うと、炭の量が増え洗うのも大変になってしまいします。人数に合わせたサイズの目安は、こちらを参考にしてみてくださいね。

●2〜3人:30×20cm
●4〜5人:40×30cm
●6〜8人:60×40cm

ステンレス? スチール? 材質で選ぶ

芝生の上に置かれたバーベキューコンロ

出典:PIXTA

バーベキューコンロの材質は、主にステンレスとスチールに分けられます。それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

ステンレスのメリット・デメリット
◎ 錆びにくくお手入れが簡単
○ スチールより薄くて軽い
△ 値段が高い
スチールのメリット・デメリット
◎ 手頃価格で購入できる
△ 錆びやすく、重い

ステンレス製の方が耐久性に優れていますが、バーベキューの頻度が少ない方はスチール製でも十分使えますよ。

炭の追加や掃除のしやすさにも注目

バーベキューコンロの炭床

出典:instagram by @coleman_japan

スタンダードタイプのバーベキューコンロは、炭床が引き出し式なので炭の追加がしやすいのがメリット。取っ手付きのものだと、使用後に灰捨て場まで持ち運ぶのが楽ですよ。ガスのグリルなら油やアクを受けるトレーがあると便利!

それではここからは、スタンダードタイプ・卓上タイプ・蓋付きタイプの順におすすめのバーベキューグリルをご紹介。使う人数やシーンに合わせて選んでくださいね。

おすすめのバーベキューグリル/コンロ10選

コールマン クールスパイダーステンレスグリル

炭が燃えやすいメッシュ状のボディ。引き出し式の炭床で、炭の補充も簡単です。

焼面サイズ30×45cm
重量4.6kg
材質ステンレス

コールマン クールステージツーウェイグリル

ハイ・ローのツーウェイで使えるスチールグリル。足を外して卓上でも使えます。

焼面サイズ30×45cm
重量4kg
材質スチール

ロゴス チューブグリルSmart80 M

42cm・80cmの2ポジションで使えるグリル。炭床を本体のフックのかけることで、遠火→近火に調節することも可能です。使用後に炭を丸めて捨てられる「BBQお掃除楽ちんカバー」と収納バッグ付き。

焼面サイズ43.5×29.5cm
重量3.5kg
材質ステンレス、スチール、アルミ

キャプテンスタッグ 7way マルチファイアグリル

焚火からバーベキューまで、なんと1台7役の多機能ステンレスグリル。スライド式のトレーでは、ピザを焼くことができます。直径25cmのダッチオーブンがすっぽり入るので、本格料理も楽しめます。

製品サイズ幅46.5×奥行40.5×高さ34/72cm
重量3.7kg
材質ステンレス鋼

尾上製作所 イクシードバーベキューコンロ-65

29cm×61.5cmの大きめの焼き網で、たっぷり焼けるバーベキューコンロ。脚の高さは、30cm・58cm・70cmの3段階で調節できます。

焼面サイズ29×61.5cm
重量4.5kg
材質ステンレス

ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト

1〜2人のバーベキューに最適な、コンパクトサイズのグリル。ソロキャンプの焚火台としても大活躍です。

焼面サイズ16×16cm
重量1kg
材質ステンレス、スチール

コールマン クールステージテーブルトップグリル

通気性を確保したメッシュボディの、卓上用グリル。レッドとグリーンのカラーもおしゃれ!

焼面サイズ22.5×34.5cm
重量2.5kg
材質スチール

キャプテンスタッグ モンテ V型卓上グリル B6型

かわいらしいトランク型に収納できる、コンパクトなサイズの卓上グリル。お家でアウトドア気分を味わいたい時にも使えます。

製品サイズ幅19×奥行16×高さ15.5cm
重量0.75kg
材質鉄、ステンレス鋼、アルミニウム合金

ユニフレーム ユニセラ TG-Ⅲ

卓上グリルの中ではやや大きめサイズの、ユニフレームのコンパクトグリル。セラミックパネルが、効率よく熱を伝えます。

製品サイズ31.5×25×高さ19cm
重量3.1kg
材質ステンレス鋼、特殊セラミック

ウェーバー ジャンボジョーチャコールグリル47cm/温度計付き

温度計付きで、本格的なグリル料理にぴったり。蓋にはロックが付いているので、ハンドルを持って簡単に移動させることができます。

焼面サイズ直径47cm
重量9kg
材質ホーロー加工スチール

手軽なカセットガスコンロもあり!

カセットガスコンロでバーベキュー

出典:PIXTA

アウトドア初心者の方や、気軽にバーベキューを楽しみたい方にはカセットガスコンロもおすすめ。最近では、コンロを使ってお家でバーベキュー気分を楽しむ人も増えてきていますね。

ガスコンロのメリット・デメリット
◎ 簡単に着火でき、火起こしが必要ない
○ 火力調節が簡単
△ ガス缶をストックしておく必要がある

カセットガスをセットして着火するだけなので炭火に比べて簡単で手軽、準備や後片付けも楽チンです。たこ焼きプレートなどのオプションパーツもあり一台でいろいろなメニューを楽しむことができるものから、ガーデンパーティーに最適な大型タイプなどいろいろありますよ!

▼おすすめはこちら

イワタニ 焼き上手さんα

餃子が40個焼ける大きめサイズ。バーベキューだけでなく、お家でも大活躍です。別売りでたこ焼きプレートもあります。

プレートサイズ34.2×26.8×深さ2.2cm
重量4.1kg

イワタニ 炉ばた焼器 炙りや

直火ではなく輻射板の熱で焼くので、ムラなくおいしく焼き上げります。焼き鳥にもちょうどいいサイズです。

製品サイズ幅40.9×奥行21.4×高さ13.4cm
重量2.4kg

イワタニ タフまる

パワフルさを求めるならコレ! 耐荷重は20kg、ダッチオーブンも置くことも可能。別売りのプレートをつければ、網焼きやたこ焼きを楽しめます。

製品サイズ幅34.1×奥行28.3×高さ12.9cm
重量2.4kg

キャプテンスタッグ 焼き名人

アウトドアに馴染む、ナチュラルなブラウンカラー。取り外しできるトレーで油やアクを受けて、片付けも簡単です。

製品サイズ幅39.8×奥行22.1×高さ13cm
重量2.2kg

コールマン ロードトリップグリル LXE-J II

本格的なアウトドア料理が楽しめる、ガスバーベキューグリル。本場アメリカでも人気のモデルです。ホイール付きでラクラク移動できます。

製品サイズ118×46×高さ112.5cm
重量18kg

みんなでバーベキューグリルを囲んで盛り上がろう!

バーベキューコンロを囲む人たち

出典:PIXTA

今回はおすすめのバーベキューグリル/コンロを紹介しました。バーベキューに欠かせないコンロは、使いやすいものを選んで調理をスムーズに! ガスコンロなら、お家でアウトドア気分を味わいたい時にも使えます。お気に入りのグリルを見つけて、バーベキューを楽しんでくださいね。

こちらの記事もおすすめ