さば缶で簡単炊き込みごはん(飯盒炊さん)(初級バーベキューレシピ)

さば缶で簡単炊き込みごはん(飯盒炊さん)(初級バーベキューレシピ)

今回はさば缶で簡単炊き込みごはんについて紹介します。サバの水煮缶を煮汁ごと使い、具材にはレトルトのきんぴらごぼうを使用することで、簡単に旨味たっぷりの炊き込みご飯に仕上がります。ぜひバーベキューでお楽しみください!

目次

さば缶で簡単炊き込みごはん(飯盒炊さん)

材料(2人前)

・サバ缶(水煮)… 1つ

・きんぴらごぼう(レトルト)… 1パック(約80g程度)

・米… 2合

・水… 320cc

・めんつゆ ※3倍濃縮… 大さじ1

・みりん… 大さじ1

・おろしショウガ… 小さじ1

・大葉… 適量

使用道具・用品

・バーベキューコンロ(炭火)

・焼き網
・飯盒(はんごう)

工程

【炭火の準備】

炭のレイアウトは、中央に炭の「島」を作って、周辺には炭を置かない「アイランド」という配置にする。
中央の島の上で食材を焼き、焼いたものを島の周辺に置く。

 

1、飯盒(はんごう)に研いだ米を入れ、水を注いで30分ほど吸水させる。水の量は、具材や調味料が水分を含むので少なめにする。

2、めんつゆ、みりん、おろしショウガを入れる。

3、さば水煮缶を煮汁ごと飯盒(はんごう)に入れる。きんぴらごぼうは上にのせるように入れる。

4、飯盒(はんごう)を焼き網にのせ、強火エリアで加熱する。

5、沸騰して、パチパチと乾いた音が鳴り始めたら水分がなくなったサインなので、焼き網から下ろし、そのまま5分~10分ほど蒸らす。

6、具材を混ぜ合わせてお皿に盛り付け、手で千切った大葉をかけたら完成。