BBQ HACK(バーベキューハック) > 道具・用品 > 炭・着火剤 > バーベキュー炭は目的で選ぶ!値段・種類・量~火起こし~後処理までの初心者マニュアル

バーベキュー炭は目的で選ぶ!値段・種類・量~火起こし~後処理までの初心者マニュアル

バーベキューの炭はどのような基準で選んでいますか?炭には種類が色々あり、値段も違えば、火起こしのやり方や使い方も違います。さらに、バーベキュー初心者なら扱いやすい炭、火起こししやすい炭を選ぶべきですが、ホームセンターでの偶発的な出会いだけで決めてしまって、火起こしに失敗することもよくあるトラブルです。そこで、バーベキュー炭の値段・種類・量の目安など基礎知識、火起こしや後処理・後始末のハウツーなど、 初心者安心のマニュアル形式で解説します!

バーベキュー炭の種類・値段・適量を知る

黒炭・切炭

黒炭

ナラやクヌギなどで作られる炭で、国内では最も生産量の多い種類です。低温で焼かれた後、ゆっくり冷却されて作られ、見た目が真っ黒なので黒炭と呼ばれます。白炭(備長炭)と比べて火がつきやすく、1kgあたり300円~600円程度の値段で品質のよいものが購入できるので、バーベキューには使いやすいです。黒炭の中でも、「岩手切炭」は長さが6cmに切り揃えられているため炭を組みやすく、火起こしがしやすいので、初心者向きの炭と言えるでしょう。燃焼時間は比較的短く、一般的なBBQコンロのサイズで高火力で燃焼させ続けると1時間あたりで1kgは消費してしまうかもしれません。

木炭(ホームセンターなどでよく見かける黒炭の廉価版)

木炭

1kgあたり100円~300円程度の値段で安価に木炭として広く販売されているものは、廉価版の黒炭といった位置づけのもので、輸入品ではマングローブが原料とされているものが多く、サイズや形状がバラバラであるのが特徴です。簡単に着火しやすいものの火持ちは短く、細かく砕けた炭が混ざっていたりと歩留まりが良いとは言えません。一般的なBBQコンロのサイズで高火力を維持するなら、1時間あたりで2kgは目安として用意しておいた方がよいでしょう。

白炭

白炭は樫の木が原料の高級な炭で消し粉が表面に付着し白っぽく見えることから白炭と言われます。中でも、ウバメガシを原料とする炭を「備長炭」と呼んでいて、炭同士で叩くと金属のような高音が響くのが特徴です。無臭で、燃焼時間が非常に長く、炎が立たず火力が安定しているので、飲食店で使われることの多い炭ですが、火起こしが難しく、爆ぜることも多いため、初心者向きとは言えません。また、高価で1kgあたり1,000円を超えるものもあり、一般的なバーベキューの場面では敷居が高いと言えます。

成型炭

原料は様々で、木粉(オガクズ)を圧縮成型して加熱・炭化したものや、炭を粉砕して成型したものが成型炭と呼ばれています。原材料・製法によって特徴は異なるため一概には言えないものの、1kgあたり300円~600円程度の値段で品質の良いものが購入でき、火力も比較的長持ちするので、一般的なBBQコンロのサイズなら1時間あたりで1kgあれば十分で、バーベキューには使い易い炭と言えるでしょう。ただし、火は起こしにくいため、着火剤などが必要となります。また、灰が多く出るため、うちわなどで送風する際は食材を汚さないように注意しましょう。

着火加工成型炭

成型炭に着火剤を含ませた炭で、簡単に炭火をおこすことができます。ただし、着火剤成分が燃えて炎を上げている間は、ススや臭いが食材に移ってしまうので、着火剤がなくなるまで調理せずに待ちましょう。燃え尽きると、灰粉になるため片付け・後始末もしやすい、着火剤代わりにもなる初心者向けのバーベキュー炭です。非常に便利な分、値段は1kgあたり1,000円を超えるものも少なくありません。また、燃焼時間も比較的短く、一般的なBBQコンロのサイズで高火力を維持しようとすると、1時間あたりで1.5kgは目安として用意しておいた方が良いです。

豆炭

一般的には石炭を原料としており、着火すると臭いがする場合があります。 大きさが均等で火持ちがよく、安定した火力が得られるため、鉄板焼きやダッチオーブン料理には相性バッチリです。直火で使用する場合は、原料が木材のものを選びましょう。

目的別に適したバーベキュー炭を選ぶ

基本的な火おこし方法についてはこちらをチェック!

黒炭・切炭の火起こしと使い方におけるポイント

  • ・火付きは良いが初心者なら無難に着火剤など火熾しを簡単にするものと併用しよう。綺麗に炭を組みやすい切炭を選ぶと、火も移りやすく、効率的に燃焼してくれるためコスパも良い。
  • ・比較的爆ぜにくいので、足し炭もしやすい。
  • ・燃焼当初は炎や煙が立ちやすく、食材が焦げたり汚れたりするため注意が必要。
  • ・灰を被ると急激に温度が下がるため、灰を吹き飛ばす必要がある。
  • ・燃焼時間が短いため、簡単調理できるレシピが適している。

白炭の火熾し・使い方におけるポイント

  • 爆ぜる可能性があるため、いきなり火中に投じてはいけない。強火ではなく、弱火~中火でじっくり加熱するのが望ましい。
  • 火付きが非常に悪いため、火熾し機を使うと便利
  • 着火剤よりも熾火の方が安全かつ確実に火が熾せる。熾火用に火付きの良い別の炭を用意しておくと便利。
  • 火が熾れば安定した高火力が長時間得られるため、多種多様な直火焼調理が可能。

成型炭の火熾し・使い方におけるポイント

  • 火付きが悪いため、火熾し機や着火剤との併用が望ましい。爆ぜにくいので安心して足し炭できる。
  • 燃焼当初は炎や煙が立ちやすく、食材が焦げたり汚れたりするので注意が必要。
  • 燃焼時間が長く、少し凝ったレシピも対応しやすく、コストパフォーマンスが良い。大人数のバーベキューの場合は黒炭よりも安価に済むのためおすすめ。
  • 灰を被ると急激に温度が下がるため、灰を吹き飛ばす必要がある。
  • 燃焼後はほぼ灰粉になるため片づけ後始末しやすい。

着火加工炭の火熾し・使い方におけるポイント

  • 初心者でも火熾ししやすいがライターだけで事足りる製品ばかりではないので、念のため着火剤やバーナーを持参したほうがよい。
  • 足し炭する際に炎が上がる恐れがあるので、距離を保ちつつ慎重に少しずつ足す。
  • 燃焼当初は炎や煙が立ちやすく、食材が焦げたり汚れたりするので注意が必要。
  • 火持ちが悪く、大量に使うと高くつく。短時間/焼肉/初心者バーベキュー向け。
  • 灰を被ると急激に温度が下がるため、折々で灰を吹き飛ばす必要がある。
  • 燃焼後はほぼ灰粉になるため片づけ・後始末しやすい。

 

豆炭の火熾し・使い方におけるポイント

  • 火付きが良いわけではないので、着火剤など火熾しを簡単にするものと併用が望ましい。
  • 石炭など鉱物由来の炭で、木炭とは異なる香りが食材に移ってしまう恐れもあるので直火調理には向いていない。
  • ガス火が使えない環境で、大量に熱源を必要とする直火ではないダッチオーブンや鍋物などの調理なら最適の選択肢

バーベキュー炭の後始末や関連する便利グッズについて

基本的な炭の後始末方法についてはこちらをチェック!

BBQ HACK編集部おすすめ!強力な着火剤「ロゴス 防水ファイヤーライター」

ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター 83010000 [HTRC 4.1]

・水に濡れても着火しやすく、一度火がつくと雨天時でも消えません。
・1個あたり13~17分燃焼します。(燃焼温度は700~750℃)
・煙や匂いもありません。
・ブロックタイプなので必要な分だけ使うことが出来ます。

おすすめ!火熾し機「UNIFLAME チャコスタ2」

ユニフレーム(UNIFLAME) チャコスタⅡラージ 665442

・素早い火おこしと、コンパクトなフォールディング形状が人気のステンレス製火おこし。
・煙突効果で酸素を効率よく取り込んで、短時間で炭を熾すことができます。
・畳むことが出来るので持ち運びにも便利です。

炭の片付け簡単!グリルが炭で汚れない「ロゴス BBQお掃除楽ちんシート」

ロゴス BBQお掃除楽ちんシート(極厚) 81314010

・お掃除10秒完了!
・火床全体に敷くだけ。調理後にシートを取り除くだけで、お掃除完了!!!
・ドロドロになるお掃除のストレスから解放されます。
・一般的な家庭用アルミホイルの3倍近い厚み。
・熱による穴空きや燃えにも安心です。

その他のバーベキュー炭に関連するハウツーはこちら

まとめ

火おこし前

バーベキューの炭といっても、色々な種類があって、目的や用途別に選び方やハウツーがたくさんあります。適切な炭を選び、正しい扱い方でバーベキューを行うのが、良い思い出への近道。ぜひ参考にしてください。

紹介されたアイテム

BBQ HACK編集部

BBQ HACK運営&記事編集担当。バーベキューインストラクター初級を取得しております。BBQ HACKはBBQがより身近になることを目指し、このビジョンを実現した社会を創り出すために情報を発信し続けます。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。