BBQ HACK(バーベキューハック) > 特集 > > 春のバーベキューで気をつけたいポイントは?

春のバーベキューで気をつけたいポイントは?

満開になった桜や新緑を楽しみながらできるのが春バーベキューです。思いっきり満喫したいところですが、春だからこそ気をつけたいポイントがあるため、ご紹介します。

春のバーベキューで気をつけたいポイント

服装

春は、日中は暖かく過ごしやすくなりますが、夕方になると急に冷え込みます。少し大げさなくらいに温かい服を着て行きましょう。ブランケット(不燃性のもの)などを持参すると、膝掛けとしても使用することが出来るので便利です。また、春には紫外線が強くなることが知られています。意外かもしれませんが、4月+5月の月別紫外線量は、7月+8月の月別紫外線量より多いのです。日焼けが気になる方は、屋根のあるバーベキュー場を利用しましょう。日差しを遮るものがない場所でバーベキューをする場合には、日焼け止めの使用だけではなく、UVカット素材の上着を羽織るなどの対策が必要です。

屋根のあるバーベキュー場を探す

 

お花見バーベキュー

お花見バーベキューの場所を確保する際には、市区町村の役場や指定管理者などに問い合わせを行い、必ずバーベキューをすることができる場所か確認し、許可の無い場所では行わないように注意しましょう。許可されているかどうか情報公開されていない場所でも、期間限定でバーベキューが許可されているところもあります。また、問い合わせをすることで、意外な穴場スポットを発見することができるかもしれません。

眺めの良い場所を確保するために場所取りを行う方を多く見かけるかと思いますが、入場開始時間前にシートだけを敷いて場所取りをしたり、人数以上の大きなブルーシートを使ったり、空いていないからといってバーベキュー禁止区域で場所を取ったりするのはマナー・ルール違反であるため、必ず誰か一人はその場にいるようにしておきましょう。

また、木のそばに場所を設置することになった場合の火の取り扱いについては、特に注意が必要です。
グリルやコンロを桜の傍に設置すると、熱で樹木を傷める恐れもあるのでやめましょう。バケツに水を用意しておくなどの対策も忘れてはいけません。

さらに、気温が低い日はお酒を飲んでも酔いが回らずに、「飲み過ぎに気がつかない」ことがあります。
肌寒い時期には、日本酒を熱燗で楽しむ方もいらっしゃいますが、飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

幹事の方が花見バーベキューを企画する場合は、せっかく桜が楽しめる場所でバーベキューを行うのですから、単にお肉を焼くだけではなく演出を工夫して、お団子を炭火であぶったり、食後に抹茶を用意するなど野立て等の風情を取り入れることもオススメです。

お花見におすすめのバーベキュー場を探す

春が旬の食材を使ったバーベキューで気をつけたいポイント

タケノコ

朝掘りのタケノコ

朝掘りのタケノコは、採ってから2時間以内に食べるのがポイントです。時間が経ってしまうと、アクが強くなりますので注意しましょう。
朝掘りのタケノコは、皮ごと丸焼きにすると非常に食感や香りが良く美味しく頂けますが、逆に皮を剥いてしまうと水分が抜けて本来の美味しさが失われてしまいますので注意しましょう。

たけのこの他にも初心者には取り扱いが難しい食材や火加減や調理法が難しい食材もありますので、事前に下調べしておきましょう。バーベキュー初心者の場合は、デザートに苺などの季節感のある果物を用意して、手軽に季節感を取り入れることもおすすめです。

 

まとめ

一日の寒暖差が大きい春のバーベキューでは、寒さの対策をしっかりとすることが大切です。また、紫外線が強くなってくる時期でもあるので、日焼け対策にも気を配りましょう。

お花見バーベキューをする際には、許可をされた場所で行うだけではなく、ゴミをきちんと片付けるなど環境への配慮も忘れないように心がけましょう。
ルール・マナーを守って、楽しい思い出をつくって下さいね。

BBQ HACK編集部

BBQ HACK運営&記事編集担当。バーベキューインストラクター初級を取得しております。BBQ HACKはBBQがより身近になることを目指し、このビジョンを実現した社会を創り出すために情報を発信し続けます。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。