BBQ HACK(バーベキューハック) > 食材・材料 > その他 > バーベキューでおすすめのチーズレシピ10選!おすすめのチーズも紹介

バーベキューでおすすめのチーズレシピ10選!おすすめのチーズも紹介

チーズフォンデュやチーズリゾットなどバーベキューにはおすすめのチーズを使ったレシピがたくさんあります。今回はそんなバーベキューでおすすめのチーズの種類やチーズを使ったレシピご紹介します!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

バーベキューでチーズがおすすめの理由

美味しそうなチーズ

出典:PIXTA

バーベキューでチーズを使用することには様々なメリットがあります。もはやデメリットがないと言っても過言ではありません。そんなチーズをバーベキューにおすすめする理由を説明します。

保存や持ち運びがしやすい!

チーズの倉庫

出典:PIXTA

バーベキューではクーラーボックスが冷蔵庫代わりとなるため、冷蔵に近い状態で持っていける量に限りがあります。そこで持ち運びに活躍するのがチーズです。ともと発酵食品であるチーズは、夏場は常温暗所であれば数時間、冬なら2日間ほどは保存できる食材のためバーベキューに行く程度の時間であれば問題ありません。直射日光などや高温に気をつけましょう。

メニューの汎用性が高く健康・美容にも良い

美容にいいチーズ

出典:PIXTA

多くの人が大好きなチーズは、バーベキューにおいても前菜から主食まで様々なレシピに使用することができます。またチーズには糖分含有量が少ないため、糖質制限中でも気軽に食べられることができます。チーズに含まれるタンパク質やカルシウム、ビタミンB2は食べ過ぎなければ美容や健康にも良いとされています。

後片付けがしやすい

バーベキューの片付け

出典:PIXTA

チーズは網焼きができない分、鉄板やスキレットなど面の広い調理器具を使用しなければいけません。ですが、その調理方法だからこそ料理後の片付けが簡単なのです。固まってしまったチーズは鉄板からパリッと剥がれやすいだけでなく、初めからアルミホイルを使用すればもはや洗い物はありません。

バーベキューにおすすめのチーズ3選

チーズの種類

出典:PIXTA

一般社団法人の日本乳業協会によると、チーズは大別すると『ナチュラルチーズ』と『プロセスチーズ』の2種類に分けられ、その中には約1,000種類以上があるとされています。そんな数ある中でもバーベキューシーンにおすすめのチーズを紹介します。

カチョカバロ

カチョカバロ

出典:PIXTA

カチョカバロはイタリア南部の各地で生産されている、カチョ(チーズ)、カバロ(馬)と名付けられた丸いひょうたんのようなチーズです。馬の鞍にぶら下げる袋に似ている形から名づけられたこのチーズは輪切りにして焼いて食べるのが一般的ですが、そのままでも食べられることからバーベキューのどのタイミングでも使いやすいと言えます。

花畑牧場 花畑牧場 十勝カチョカヴァロ 80g

花畑牧場 十勝カチョカヴァロ 80g

内容量:80g


賞味期限:製造日より120日

カマンベールチーズ

カマンベールチーズ

出典:PIXTA

フランスのカマンベール地方で作られたこのチーズは牛乳を原材料に作られ白カビで熟成されたものです。中がとろっとしていてクセや臭みのないことから日本人に親しまれる味わいがあります。熟成させてから食べるタイプと、長期間において味が変化せず保存できるタイプがありますが、一度開けてしまったら食べ切らなければいけないバーベキューシーンでは食べ切りサイズものがおすすめです。

クールドリオン(COEUR DE LION) COEUR DE LION ミニカマンベール 10個

COEUR DE LION ミニカマンベール 10個

内容量:250g(25g×10個)

シュレッドチーズ

シュレッドチーズ

出典:PIXTA

スライスチーズ同様にスーパーでも手軽に入手できるのが細かく刻まれたような形状のシュレッドチーズです。シュレッドチーズは一種類のチーズだけでパックされたものと、複数種類のチーズをミックスしたものがあります。かけるだけでチーズをコーティングしたり、まとめて溶かしたりと、幅広い用途で使用できます。最も溶けやすく糸引きが多いのはモッツァレラが含まれているものです。

よつ葉 よつ葉 北海道十勝産100% シュレッドチーズ 1kg

よつ葉 北海道十勝産100% シュレッドチーズ 1kg

内容量:1kg


賞味期限:30日以上

バーベキューで使える簡単おすすめチーズレシピ5選

チーズの性質やメリットがわかったところで、バーベキューシーンににおすすめの簡単チーズレシピを紹介します。

クリームチーズの醤油漬け

クリームチーズの醤油漬け

チーズのコクと醤油の旨味が凝縮された、味の濃いこのレシピはバーベキューのどのタイミングでもチマチマとつまめるおすすめのメニューです。前日から仕込み、タッパーやジップロックに入れて持っていけばお酒が進むこと間違いなし! 牛肉に少量のせて食べるのもおすすめです。

①クリームチーズを一口サイズに切る。

②タッパーにクリームチーズを入れ、たまり醤油をチーズが浸る程度入れる。
③一晩寝かせれば完成。

燻製チーズ

燻製チーズ

出典:PIXTA

すでに燻製された『スモークチーズ』が売られているほど、チーズと燻製の相性は抜群です。燻製鍋やメスティン、ホイルと網を使用して、表面の水分を飛ばして香りをつけやすくする温燻がおすすめです。

①燻製鍋の底にホイルを敷き、燻製チップをふたつまみ程度入れる。

②チップの上に網を乗せ、チーズを並べる。
③蓋をして10分強火にかけ煙を出す。
④30分放置し、燻製すれば完成。
※熱しすぎるとチーズが溶け落ちるため注意

カリッと焼くだけチーズ煎餅

パリパリのチーズせんべい

その名の通りチーズを焼くだけです。溶けたチーズが薄く広がり煎餅状になったものをパリッと食べる一口おつまみとしておすすめです。溶けてから固まるまでの間にハーブなどをふりかけると一味違ったチーズ煎餅になります。バゲットに乗せて食べるのもおすすめです。

①鉄板やスキレットの上にクッキングシートを敷く。

②シュレッドチーズを薄く敷き、火にかけて溶かす。
③チーズがぐつぐつしたら冷めるまで時間をおく。
④冷めたチーズをシートから剥がせば完成。

ベーコンチーズ餅

ベーコンチーズ餅

炭水化物である餅を主食としたこのレシピは、バーベキューでお米を炊くのが面倒な方におすすめのレシピです。お肉のジューシーさ、チーズのコク、お餅の粘りのバランスが絶妙な一品です。

①スティックタイプの餅にスライスチーズ、ベーコンを巻く。

②中心の餅が柔らかくなるまで弱めの火で焼いたら完成。
※餅はスティックタイプでなくても良い。

じゃがいものチーズ焼き

じゃがいもチーズ焼き

出典:PIXTA

これぞ簡単レシピといえるのがじゃがいものチーズ焼きです。じゃがいもの焦げつきにくさとチーズの溶けやすさ、固まりやすさが熱々でホクホクの美味しさと、冷めてもしっとりカリカリの味わいを実現しています。バーベキューにチーズ味のポテトチップスを持って行くくらいなら、このレシピを実践しましょう!

①ジャガイモをよく洗い水気を拭き取り一口サイズに切る。

②ホイルにじゃがいも、チーズを入れる。
③なるべく弱めの火で約15分焼いたら完成。
※櫛切りの方が火が通りやすい。
 また容器はホイル以外にメスティンやダッチオーブンでも良い。

バーベキューの質を高めるおしゃれチーズレシピ5選

数あるチーズレシピの中から、調理に少し手間がかかりつつもテーブルに並んだ途端にその食事の質の高さを感じさせるような、おしゃれなレシピを紹介します。

チーズリゾット

チーズリゾット

出典:PIXTA

バーベキューでお米を食べたい人におすすめなのがチーズリゾットです。ただ白米を炊くのとは手順が違い少し手間がかかりますが、その美味しさはレストランと兼色無いものができるはずです。食べきれなかった白米を牛乳とチーズでリゾットにする方法もおすすめです。

①ニンニク1粒を刻みオリーブオイルで炒める。

②玉ねぎをみじん切りし①と一緒に炒める。
③短冊切りしたベーコンを加えて炒める。
④生米1合を入れ、油が染み込むように熱を入れる。
⑤コンソメスープ300mlを少しずつ入れながら煮込む。
⑥バター、塩胡椒を入れる。
⑦シュレッドチーズ一握りと牛乳大さじ1杯を加える。
⑧米に火が通ったらパセリをかけて完成。

▼その他リゾットレシピはこちらの記事もチェック

カマンベールのアヒージョ

カマンベールのアヒージョ

出典:PIXTA

バーベキューやキャンプなどアウトドア料理を華やかにするメニューとして定番のアヒージョもチーズレシピの一つです。真ん中でぐつぐつと溶けるカマンベールチーズをすくってバゲットにのせれば、それだけで極上のガーリックチーズパン!

①スキレットにオリーブオイルを入れる。

②中心にカマンベールチーズを置き表面に6等分の切れ目を入れる。

③スライスニンニク、トマト、マッシュルーム、ソーセージ、ブロッコリーを入れる。
④ニンニクが茶色くなるまで火を入れる(約5分)
⑤塩、胡椒を振り、お好みで鷹の爪を加え2分ほど熱する。
⑥パセリをかけて完成。

▼その他アヒージョレシピが知りたい方はこちらの記事もチェック

チーズフォンデュ

チーズフォンデュ

出典:PIXTA

お肉はもちろんのこと、香ばしく焼き上げた野菜やパンなど何にでもディップして食べられるのがチーズフォンデュ。アヒージョよりも油分が少なくさっぱりと食べられるだけでなく乳がプラスするまろやかさを楽しむことができるでしょう。

①アルミホイルで容器を作りシュレッドチーズと牛乳大さじ1杯を入れる。

②かき混ぜながら弱火にかけて溶かす。
③チーズがぐつぐつしたら完成。火から遠ざける。
※アルミ容器は直径7〜8センチを目安に作りましょう。
 同時にディップする具材も焼いておきましょう。

チーズタッカルビ

チーズタッカルビ

出典:PIXTA

チーズを使用したガッツリメニューが食べたい方は韓国発のピリ辛メニュー、チーズタッカルビがおすすめです。韓国語でタッ(닭)は鶏、カルビ(갈비)はあばら骨を表すこの料理は、ピリ辛の鶏肉料理にチーズを加えてマイルドな辛さを楽しむ料理です。子供のいる家庭では辛すぎて食べられない子がいる可能性があるため、家族バーベキューでは味付けやメニュー編成に気をつけましょう。

①鶏もも肉300gを一口サイズに切る。

②コチュジャン30g、醤油大さじ2、味醂大さじ2、砂糖大さじ1と①をもみ込み10分つけておく。

③玉ねぎ1/2個、にんじん1/2本、キャベツ1/4個を細かく切り、ごま油で炒める。
④漬けておいた②を加えて炒める。
⑤鶏肉に火が通ったら具材を半分に分け、中央にシュレッドチーズをどっさり入れる。
⑥チーズが溶けたら完成。

▼その他韓国料理のレシピが気になる方はこちらの記事もチェック

ラクレット

ラクレット

出典:PIXTA

ラクレットはスイスの料理ですがフランス語で『削る』を意味するものです。レストランで大きなチーズの断面をバーナーで溶かし、溶けた部分を食材に削り落とす豪快かつおしゃれなこの料理。薄くスライスしたラクレットチーズを食材に乗せて溶かす方法もありますが、大型のチーズを使用すれば全員がこぞって動画撮影を始めることでしょう!

・ラクレットチーズの断面をバーナーで炙る。

・断面のチーズがぐつぐつしたら火を止め、具材の上にナイフの背などで削り落とす。
※薄くスライスしたチーズは先に具材にのせてから炙る。

▼その他のおしゃれレシピはこちらの記事をチェック

便利な食材、チーズでバーベキューを楽しもう!

バーベキューでチーズハンバーグ

出典:PIXTA

ひとえにチーズと言ってもその種類や調理方法、溶け出す温度は千差万別!自分に合う味わいや使い勝手のチーズを見出し、バーベキューのお供にしてみてはいかがでしょうか!

▼チーズに合う食材はこちらの記事をチェック

紹介されたアイテム

望月悠介
望月 悠介

イラスト作成や写真・動画の撮影や編集を得意とする元保育士。ベトナム在住時に物資が不十分な条件下で野営を繰り返すうち、キャンプ道具の自作にハマる。静岡県内のキャンプ場をメインに子どもでも安心・安全にキャンプができる方法やキャンプ道具、子どもでも作れる簡単バーベキューレシピを模索し親子で実践中。息子はZEN Campsの初代公式アンバサダー。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。