BBQ HACK(バーベキューハック) > 道具・用品 > 便利グッズ > 七輪バーベキューがおすすめの理由とおすすめ七輪を紹介!

七輪バーベキューがおすすめの理由とおすすめ七輪を紹介!

七輪バーベキューをご存じでしょうか。今話題になっている七輪バーベキューがおすすめの理由やおすすめの七輪を紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

七輪ってどんなもの?

自然素材による自然素材のためのコンロ

七輪

出典:PIXTA

七輪とは炭用のコンロです。7厘(燃料の金額、重さ)で火が使える道具という意味や、炭受けの通風穴が7つ空いているからなど、七輪という名の語源は諸説あります。珪藻土の一つ岩から削られた切出し型と、一度粉末化した珪藻土を粘土状にして型枠で焼成された成形型があります。

七輪を使用するのに必要な道具

七輪に必要な道具

出典:PIXTA

バーベキューコンロ同様に、七輪を使用する際には必要なものがあります。七輪を安全で快適に使用するために持っておくべき道具を紹介します。

 

炭(切炭、成形炭)

炭

出典:PIXTA

当然ですが七輪には炭が必要となります。木炭は切り出した木を焼成したもので、備長炭は白炭、クヌギやナラを焼成したものを黒炭と呼びます。またオガ炭や豆炭などは粉末状に炭化した固形燃料から作られた形成炭です。火付きがいいのは黒炭ですが、火持ちの良さは白炭です。竹炭もありますが火持ちが悪くバーベキューには向いていません。

社団法人岩手県木炭協会 岩手切炭 ナラ 堅一級 6kg

岩手切炭 6kg

●内容量:6kg


●材質:ナラ天然木100%

豊栄燃料 豊栄燃料 土佐備長炭 バラ2kg

豊栄燃料 土佐備長炭 バラ2kg

●内容量:約2kg


●サイズ:バラ


●原料:高知県産馬目樫

ロゴス(LOGOS) ロゴス エコココ ミニラウンドストーブ4

ロゴス エコココ ミニラウンドストーブ4

●容量:約0.6kg×4個


●サイズ:直径約7.5×高さ約3.5cm


●原料:ヤシガラ

 

チャコールスターター

チャコールスターター

出典:PIXTA

成形炭の中には豆炭のようにライターで簡単に火をつけられるものもありますが、木炭は七輪に入れて使用する前に炭に火をつける必要があります。無理な熱を与えたりすることで七輪を傷めないためにも、先に火付けをしてから七輪に入れた方が良いでしょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャプテンスタッグ 炭焼き名人

キャプテンスタッグ 炭焼き名人

●サイズ:約170×160×290(h)mm(取手除く)


●重量:約1.2kg


●材質:ステンレス、他

 

火バサミ

七輪とトング

出典:PIXTA

火バサミは炭を掴むためのトングのことです。七輪に炭をくべたり、炭を移動するときに必要になります。

尾上製作所(ONOE) 尾上製作所(ONOE) ステンレス火バサミ 大

尾上製作所(ONOE) ステンレス火バサミ 大

●本体サイズ:450×23mm


●本体重量:150g


●材質:ステンレス

 

火吹き棒

火吹き棒

出典:PIXTA

火吹き棒はうちわに比べて狙った場所にピンポイントで空気を送り込むことができるため効率よく火起こしを行うことができます。また炭に火がついた後でも酸欠になると消えてしまうため、弱まった火を復活させる効果もあります。

ベルモント(belmont) ベルモント 焚き火ブロウパイプ

ベルモント 焚き火ブロウパイプ

●サイズ:直径約2.5×85cm


●収納サイズ:約23.5cm


●重量:約130g


●材質:本体/ステンレス・真鍮、グリップ/天然木、アクセサリー/天然木・ポリエステル

 

火消し壺

火消し壺

出典:PIXTA

炭を使用した後の後片付けに必要となります。火消し壺の中に入れることで酸欠状態にして炭を完全に消火します。まだ大きな炭の状態で消火したものは次回に使うことができるため、調理後は炭が燃え切るまで待つより火消し壺に入れた方が経済的ともいえます。

バンドック(BUNDOK) バンドック チャコール缶(火消しつぼ)

バンドック チャコール缶(火消しつぼ)

●サイズ(約):直径18.5×高さ27cm


●重量:0.94Kg


●材質:本体/表面処理鋼板、ハンドル/フェノール樹脂

七輪バーベキューは機能性の高さがおすすめ!

七輪の機能

出典:PIXTA

バーベキューコンロではなく、あえて七輪でバーベキューをすることには組み立て不要な点や、点火中も持ち運べる点などいくつかのメリットがあります。七輪を使うメリットの一つである機能性について紹介します。

遠赤外線効果、近赤外線効果

炭火の遠赤外線効果

出典:PIXTA

七輪は、熱と反応することで赤外線を出すとされています。さらに燃料に使用している炭も赤外線を発生させるため、近赤外線で内側をジューシーに焼き上げるとともに、遠赤外線の硬化作用で外側をパリッと焼きあげて、旨味を閉じ込め美味しく焼けるのです。

断熱性が高い

断熱性の高い珪藻土の七輪

出典:PIXTA

珪藻土は断熱性が高いという性質を持っているため、炭火の熱が外に放出されずに高温で焼くことができます。また熱放出が少ないということは燃料の消費を軽減する効果にもつながるため、少ない炭の量で長時間の高温調理ができるのです。

七輪は雰囲気と食欲を盛り上げてくれる魔法のコンロ!

七輪の魅力

出典:PIXTA

七輪を使用するバーベキューは機能性以外にもメリットがあります。七輪調理が醸し出すその魅力を、お店や屋台などどこかで一度は体感したことがあるはずです。バーベキューコンロでは感じられない七輪ならではのメリットも見てみましょう。

炭焼きならではの香ばしさと焼き上がり

香ばしい炭焼きの香り

出典:PIXTA

先述の通り、炭焼きは外はパリッとし中はジューシーに旨味を凝縮して焼き上げることができます。さらに七輪の独特の形状がつくる煙突効果により煙が上に上がり、食材を炭焼きの香りで包み込んで焼き上がりの質を高めてくれます。醤油やタレの焦げる匂いは食欲を増進させてくれること間違いなし!

織火の雰囲気で気分が上がる

織火のきれいな七輪

出典:PIXTA

七輪は日本の古き良き時代を思わせるような見た目が、食事の雰囲気を盛り上げてくれます。また焼き網越しに炭がじわじわと赤く燃えている様子が見えるので、織火になった炭を取り巻くゆらめきは見ているだけで心を落ち着かせてくれます。癒しを生み出すバーベキューコンロと言っても過言ではありません。

七輪の選び方と使用上の注意点

現在多くのメーカーからさまざまな材質や形状、機能や配色のものが発売されている七輪。多くのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。そこで七輪を選ぶ際のポイントや使用上の注意点を紹介していきます。

選び方

形状(丸か正角か長角か)

七輪の種類

出典:PIXTA

七輪には大きく分けて丸型、正角型、長角形の3種類があります。代表的な形である丸型は、角がない形状なので煙突効果が満遍なく発揮されるだけでなく鍋を置きやすいというメリットがあります。

長角形の七輪

出典:PIXTA

四角形である他の2種類は安定して網を載せることができます。長角形は面積が広いため、炭を置く場所や量で火力の調節がしやすく長いものも焼けるというメリットがあります。

 

持ち運びのしやすさ

取手付きの七輪

出典:PIXTA

七輪は組み立てや分解ができないコンロなので、コンパクトさに欠ける点がデメリットだといえます。そこで持ち運ぶ際の取手がついているか、土台があるかなど付属品に注目することで使いやすさが変わります。取手があると、火がついた状態で持ち運ぶことも可能です。

 

火力調整ができるか

七輪の空気穴

出典:PIXTA

七輪には下部に通気の窓が付いています。この通気口の幅が広いほど送り込める風の量が多くなり火力を上げることができます。穴が空いているだけのものや、開閉可能なものがあり、開閉式の方が火力調節が可能だといえます。

注意点

密室で使用しない

一酸化炭素中毒

出典:PIXTA

炭火を使用すると一酸化炭素が発生します。一酸化炭素は無色無臭のため、風通しの悪い室内で使用すると一酸化炭素中毒を起こすことがあります。命に関わる問題のため、炭を使用する際は屋外か換気の良い室内で行いましょう。

 

送風機やバーナーで火おこししない

バーナーで火起こし

出典:PIXTA

炭に火をつける際、ガスバーナーや送風機で早く火起こしをしようとするシーンを見たことがありませんか。七輪を使用する急激な高温が当たる状況は七輪が割れてしまうことがあります。七輪調理の際は送風機やバーナーの使用はやめましょう。

 

水洗いしない

水洗い

出典:PIXTA

七輪に使われている珪藻土は水に弱いので、水洗いすると溶けてしまい七輪が崩れます。汚れても洗わなくて良いという点をメリットと捉え、無理に洗うことはやめましょう。

バーベキューにおすすめの七輪3選

選び方がわかったところで、おすすめの七輪を3つのタイプ別に紹介します。

【丸型】大成工業 珪藻土七輪「能登」

珪藻土製でありながらも黒い外観がかっこいいのが「能登」です。細やかな気配りを感じる機能が多く、網や取っ手の角度を固定できることで使いやすい作りになっています。30cmの焼き幅があるため、より多くの食材を焼ける点もおすすめです。

大成工業 大成工業 七輪 「能登」丸型 大

大成工業 七輪 「能登」丸型 大

●サイズ:φ30.5×H16(cm)


●金網サイズ:角型 W27(cm)


●材質:珪藻土


●付属品:金網・鋳物網状火皿付

【正角型】飛騨コンロ 切り出し6号

珪藻岩から切出した『切り出し型』で強度が高いのがこちらの七輪。丸型と同じように鍋安定してを置ける凹凸の作りになっています。足元も安定感があり卓上でも安定して使用ができます。側面の和文字が食事の卓上に味のある雰囲気をプラスしてくれます。

飛騨コンロ 国産天然珪藻土 切り出し七輪 6号

飛騨コンロ 国産天然珪藻土 切り出し七輪 6号

●サイズ:約W180×D180×H140mm


●重量:約1.75kg


●付属品:スチール焼き網・鍋敷き


●素材:天然珪藻土

【長角形】BUNDOK 長角七輪BD-383

長角形で面積が広く、焼き魚や魚介類・焼き鳥・焼肉など好みに合わせてみんなで囲んで炭火焼を楽しめます。ロストルが二つに分かれているため、炭の配置や空気窓の開閉で火力調節ができます。取外し可能なスタンドは取手付きで持ち運びやすい点もおすすめです。

バンドック(BUNDOK) バンドック(BUNDOK) 長角七輪 BD-383

バンドック(BUNDOK) 長角七輪 BD-383

●材質:本体/珪藻土・スチール、台座/スチール、網/スチール(クロームメッキ)


●サイズ:約410×230×170mm


●重量:約8520g


●機能:取外しスタンド、空気窓付、ロストル付き

七輪で味のあるバーベキューを満喫しよう!

七輪でバーベキュー

出典:PIXTA

炭焼きで食事を満喫するなら、コスパよし、お手入れ楽ちんの七輪を一度使えばその便利さの虜になることでしょう。視覚も味覚も一味違った大満足のバーベキューをやってみてはいかがでしょうか!

紹介されたアイテム

望月悠介
望月 悠介

イラスト作成や写真・動画の撮影や編集を得意とする元保育士。ベトナム在住時に物資が不十分な条件下で野営を繰り返すうち、キャンプ道具の自作にハマる。静岡県内のキャンプ場をメインに子どもでも安心・安全にキャンプができる方法やキャンプ道具、子どもでも作れる簡単バーベキューレシピを模索し親子で実践中。息子はZEN Campsの初代公式アンバサダー。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。