BBQ HACK(バーベキューハック) > 準備 > 片付け・後始末 > バーベキュー後の炭の正しい片付けの方法

バーベキュー後の炭の正しい片付けの方法

バーベキューの片付けで最も大切なのが、正しい方法で炭を後始末することといっても過言ではありません。誤った方法での炭の後始末は、ルール・マナー違反だけではなく、火事やトラブルの原因になるリスクもあります。正しい炭の後始末の仕方をBBQ HACKでチェックしましょう!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

 

炭の片付け方法について

初心者や使用済みの炭を持って帰りたくない場合

バーベキューで使用した炭は、消火を確認してから炭捨て場に捨てるか、持ち帰って家で捨てる必要があります。
炭の消火には時間がかかりますし、荷物になるのも困りますよね。
しかし、炭捨て場があるBBQスポットを選べば、面倒な炭の片付けも簡単で家に持ち帰る必要もないです。
BBQ HACKではゴミ出し(炭捨て)が可能なバーベキュー場を探すことできます。

BBQ HACKはこちらから

消火道具の用意

消火の方法は大きく二つに分かれます。金属製のバケツに水を張って消すか、火消し用の壺を使うかです。
初心者はそれらをレンタルできるBBQスポットを選ぶのがおすすめですが、レンタルができない場合は必ず自分で用意しておきましょう。

炭の消火

一度熾った炭の火はなかなか消えません。消火までに時間がかかりますので、後片付けには時間の余裕をもって取りかかりましょう。
時間を短縮したい場合は、水を張った金属製のバケツに、炭を一つ一つ丁寧に静かに入れ消火しましょう。
一気にに炭を放り込んだり、炭に水を勢いよくかけてしまうと、熱せられた水蒸気が大量に発生して火傷する恐れがあります。

また、灰などのゴミが舞い上がって周囲に迷惑をかけたりするので絶対にやめましょう。
炭を消すための火消しつぼをホームセンターやアウトドアショップで購入しておけば、火消し壺に炭を入れて蓋をするだけで自然消火してくれるので便利です。しかし、炭火により酸素が燃焼され、壺の内部の気圧が変わり、蓋が開きにくくなる恐れがあるので、対策が施された火消し壺がよいです。
また、炭を消火する前に、使った網の焦げ付きなどを残り炭で焼き切り焦げ付きを炭化させると、後の掃除が楽になるので有効活用しましょう。

炭を捨てる

完全に火が消えた後、炭捨て場があるBBQスポットなら、現地で捨てましょう。
炭を捨てる場所がないBBQスポットなどでは、自宅に持ち帰り、燃えるゴミとして処分します。
自治体によって分別が異なりますので、住まいの自治体のルールに従いゴミ捨てを行いましょう。

炭の片付けの際の注意点

炭の片付けの際の注意点

出典:PIXTA

炭を土に埋める

使用後の炭を土に埋めて帰る方がいらっしゃいますが、マナー違反であるためやめましょう。
火が残っている状態で埋めてしまうと、火事の危険があります。水をかけただけでは完全に消火せず、再び発火する恐れがあり、非常に危険です。
特にビーチや砂浜でバーベキューをした後に炭を埋めると、裸足で歩いている方が火傷や怪我をしてしまう恐れがあるので、必ず決められた場所に捨てるか、完全に消火した上で家に持ち帰りましょう。

そのまま放置する

使用済の炭を持ち帰るのが面倒でバーベキュー場にそのまま放置する人も時たまいます。火が消えているように見えても、火が消えていないことは非常に多いです。消えたと思ってそのまま放置していて、火事になってしまったという事例もありますので必ずにやめましょう。

車内に放置

夏場の暑い季節には、車のトランクの中も高温になります。
炭を置いたまま放置してしまうと自然発火の恐れもあるため、必ず帰宅したらすぐに炭を車から降ろしましょう。

まとめ

バーベキューは来たときよりも綺麗にして帰ることがマナーの基本です。片付けの中でも、炭の後始末は誤った方法で行うと、重大なルール・マナー違反だけではなく、事故に繋がる恐れもある大切なポイントですので、必ず正しい方法で行いましょう。
BBQ HACK編集部

BBQ HACK運営&記事編集担当。バーベキューインストラクター初級を取得しております。BBQ HACKはBBQがより身近になることを目指し、このビジョンを実現した社会を創り出すために情報を発信し続けます。

BBQ場を探すなら
日本最大級のBBQ場検索ポータルサイトの
【 BBQ HACK (バーベキューハック)】

BBQ HACK(バーベキューハック)では、
全国各地の様々なBBQ場の情報を掲載しております。
BBQ場の掲載数が日本最大級規模であるため、
豊富な選択肢の中からお好みに合うBBQ場をお探しください。